サポートデスクの仕事内容

私がまだ求職中だったころ、つなぎ的な形で色々なバイトを経験しましたがサポートデスクもその1つです。
求人雑誌にはよく載っていましたが、時給が結構良かったことを覚えています。
「こんなに時給が良いのだからさぞ激務に違いない」
最初はそう思っていましたが、シフトに融通の利くこともあって面接に忙しかった私は一度働いてみることにしました。
私が働いたサポートデスクは、ある携帯電話会社のカスタマーセンター業務の一部を受託している下請けの会社だったのですが、仕事内容は思っていたほどむちゃくちゃなクレームや業務量もなく、マニュアルさえ覚えればある程度応用が利くものでした。
主な質問は、スマートフォンや携帯電話の複雑な操作方法や修理対応に関するもので、年齢層もそれこそ様々で大変なこともありましたが、どういった年齢の方がどういったことで悩んでいるのかを知らなければならないということもあり、「相手の立場に立って考える」と言う習慣をより自分の中で大きくできた感動もありました。
今はそこも辞めて理想としていた仕事に就くことができていますが、今思い返してみるととても良い経験ができたと思っています。